今日は幕末の立役者の一人高杉晋作の命日だそうです。

彼はまだ29歳という若さで亡くなったそうです、辞世の句として有名なのが

「おもしろきこともなきよをおもしろく」と詠んだところそばで看病をしていた野村望東尼が

「すみなすものはこころなりけり」と続け高杉晋作が「おもしろいのぉ~」と言って亡くなったんだとか・・・

この言葉の意味は「面白くない世の中に対して面白く生きよう」とつぶやきそれを「面白いか面白くないかは自分の心の持ち方次第」と何事も自分の気持ち次第で面白くもつまらなくなると諭しています。

彼ぐらい自分の人生を満喫したように見えてもこんな風に思うなら凡人な私はもっともっと頑張らなければいけないということでしょう!!

ヒナミ