今回は冥王星の無人探査機、ニューホライズンのトリビア

14選を皆様にお届けします( ^^) _旦~~

それでは参りましょう。

制作費が日本円で800億円かかった!

地球から発射されて冥王星、到着までに

なんと、9年かかる!

3

月に行く、アポロの3倍以上の

スピード

4

あまりにも、早いスピードなので

通り過ぎながら写真を撮る。

5

撮れる写真の容量が少ない!

ちなみに、8Gだ

6

ワイファイも光もないので、8Gのデーターを

地球に送るのに1年と4か月かかる。

7

初めて、地球に送られてきた写真がこちら

8

冥王星は発見当初、惑星カロンの光も

プラスされ、かなり大きいと思われた!

実際は、月よりも小さい…

9

木星に到着が2007年→スイングバイ(惑星の重力で加速する事)

冥王星に2015年に到着した。

10

探査機の質量は、465Kである。

意外と軽い

11

9時間で月に行き

13ヵ月で木星に到着する。

12

冥王星まで行くと、太陽光が全く無いので

原子炉(プルトニウム)を積んでいる。

プルート(冥王星の英語名)にプルトニウムが行く(笑)

13

冥王星は発見されてから100年経っていない

ちなみに、80年ぐらい。

起動周期が247年なので、何処にいるかが

分かりずらい。

14

冥王星の惑星は5つある。