今回は相対性理論のお話

相対性理論の浦島効果 500光年宇宙の旅

宇宙船で地球から500光年の所にある惑星に

旅に出るとします。

最初の100光年を1G加速

中間300光年を光速99.999%で等速航行

残り100光年を-1Gで加速【減速】

1Gで加速し続けると約一年で光速に近づくので

最初の100光年は101年かかります

途中の30光年は約300年

減速も101年かかります

500光年の旅は 約502年で到着します

直ぐに帰路に向かえば

1004年後に地球に帰還します

出発した時の家族や友人は

もう誰もいないでしょう

これは地球時間です しかし

船内の時間は26年しか経っていません

最初の加速する100光年は船内時間は5.3年

中間の等速移動する300光年は2.9年

減速の100光年が同じく5.3年です

約13年 往復して26年です

乗組員は26歳しか歳をとりません

これを 船内から地球をみた時間にすると

これが面白い

最初の加速する100光年が約1年

中間の300光年がたったの11日

最後の減速で一気に501年が経ちます

結果は502年です 帰りも同じです

もし高性能の地球を観る装置が有ったら

スローになったり 高速になったり

不思議ですね

これは未来にタイムスリップした事になります

過去にタイムスリップするのは今のところ不可能と思われます

ブラックホールの内側の事象の境界線の中が解明されたら

ハッキリするかもしれないですね

アインシュタインの方程式だけでは

過去にタイムススリップすることも あり得ると

いう事になっている らしいですから

それは不可能だと証明することが

現代の科学者の仕事の1つでもあります

by 川幡