例えば、桜

元気に咲き誇り、神秘的な美しさになる。

だけど…季節が過ぎれば散ってしまう。

例えば、花火

夜空に、咲き誇り光り輝く。

だけど…一瞬で消えてしまう。

例えば、シャボン玉

虹色に輝き、人を笑顔にしてくれる。

だけど…繊細で少しの衝撃で、消えてしまう。

例えば、カゲロウ

少ししか、生きられないのが名前の由来…(その日1日だけって意味)

 

だけど…生きている。

例えば、雪

町を白銀の幻想的な世界に変える。

だけど…人のぬくもりで消えてしまう。

例えば、夕焼け

落ち込んだ時に見ると、自然のグラデーションが僕達を癒してくれる。

だけど…数分後には、同じ夕焼けは見られない。

例えば…虹

雨上がりに必ず現れ、つい虹だ!と言ってしまう虹の魔力。

だけど…いつの間にか消えてしまう。

なぜ、【人】の【夢】で儚いなのだろう?

もともと、【夢】とは 絶対に叶わないもののことを言う。

みんなが言っている夢は、正確には目標とか憧れ・幻想の事を言っているようだ。

じゃあ、夢は?

例えば、80歳のおじいちゃんが

20歳に戻り、死んだおばあちゃんと

恋がしてみたい…的な事。

どこか、切なく

少し、悲しい

でも、美しい!