こんにちは、真です。今年も宜しくお願い致します。1956年秋、南極観測隊11人が宗谷に乗り隊員とともに15頭のカラフト犬、犬ぞり隊として参加し東京港を出発。

1957年1月には昭和基地を開設し、1958年に再び訪れた「宗谷」が厚い氷にはばまれ断念した。越冬隊員をヘリコプターで九救出したがカラフト犬は置き去りにされた。

1959年のこの日、カラフト犬タロとジロを発見、2頭を確認したがその後ジロは南極で死亡したがタロは5年後に日本に帰国し余生を北海道で過ごした。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

おすすめの記事