橈骨頭・橈骨頸部・両方の骨折

頭部-成人 頸部-小児(骨端線離開もあり)

適切な処置必要 理由・不適切な場合、肘関節の機能障害を残す

成人-屈曲転位・圧迫骨折・粉砕骨折など 観血療法の適応

小児-わずかな転位であれば保存療法の適応

 

発生機序

直達外力:少ない

介達外力:前腕回内位にて手掌からの橈骨長軸に衝撃、橈骨が上腕骨小頭に当たって骨折

骨折型

成人は転位有り無し、橈骨頭・外側縁・内側縁、頸部骨折・転位・傾斜、粉砕骨折

小児は橈骨関節環状面の骨折はまれ、常に骨端線部またはその末梢

転位0~30度までは軽度転位 30~60度は中等度転位

 

症状

1.腫脹:橈骨頭部・前腕近位端部にみられるが比較的軽度(関節内骨折のため)関節血腫あり

2.疼痛:限局性圧痛・介達痛・運動痛

3.機能障害:疼痛のため前腕の回旋障害著名・肘関節屈伸障害・特に完全伸展時(橈骨頭と上腕骨小頭のぶつかり等)に激痛

4.変形:肘は外反位を呈する

合併症

1.上腕骨小頭、その他の骨折

2.関節内遊離体

整復法

患者背臥位、患肢伸展位、助手上腕固定、術者患肢と同側の手で手関節を握り、他手で肘保持、患肢前腕を内転。

術者は肘を握ってる手の母指を転位した橈骨骨端上におき、十分な牽引、橈骨頭を上内側へ強く圧迫。

前腕を回外(上腕二頭筋の牽引の緩和など)、肘関節を鋭角に屈曲。

固定法

肘関節:直角屈曲位

前腕:回外位、背側に金属副子、上腕骨近位端からMP関節手前まで

小児で2~3W・成人3~4W

後療法

副子除去後自動運動開始、肘関節の屈伸、前腕の回旋の機能回復の経過は非常に緩慢で長期を要す。

 

ぼくはこのまま覚えてましたね(笑)

常に勉強 知識はこの業界武器になります。(笑)