こんにちは、真です。私たちの体は体質や性格によって木・土・金属・水の4つのタイプに分けられ、それぞれ疲れをとるポイント

が異なります。自分の体のタイプを理解して疲れケアしましょう。

木のタイプは意識して休む、1時間集中したら10分休憩をとる。

土のタイプは胃腸が空っぽになる時間をつくりましょう。

金属のタイプは気分転換が疲労回復の一番の近道です。

水のタイプは疲れを感じるのは筋肉や関節が硬くなって体液の循環が悪くなっている、腰を少しねじりながら階段を上り下りして

腰まわりの筋肉をほぐしましょう。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

おすすめの記事