こんにちわは、真です。同じ食べ物を同じ量食べても、食べた時間帯によって体への作用が変わってきます。

消化器の働きは、体内時計によって一日の流れが変化するからです、そのリズムは日内変動と呼ばれています。

朝食はあっさりと軽め、胃や腸に負担をかけないようにする。

午後は消化能力が高まり痩せる時間帯でもっとも体が活発になりますから栄養豊富な食事をしっかりと、

エネルギーを補充します。

夜は太る時間帯で体が栄養素やカロリーを吸収しようとしますので、十分な消費ができず体脂肪に変えて

ため込んでしまいます、夕食は控えめにした方が良いでしょう。