昨日は11月の初雪は54年ぶりという寒い一日でした。今日も朝から気温が上がらず寒さに震える一日になりそうです。

寒いとなぜか体の節々が不調になりやすいのですがその原因は気象病という気圧が体に影響を与える事から起こりやすくなります。低気圧の場合、身体の外の圧力が低下することで内側から外に向けての押す力が強くなります。そのため、血管や細胞が膨張し、血液やリンパ液の勢いがなくなることで血流やリンパの流れが悪くなります。

そうすると身体のだるさや、むくみ、頭痛、古傷や関節が痛むなどの症状がでる場合があるのです。

そんな時はどうかあまり無理をなさらずに手もみ本舗富士見店にお越しください。お待ちしております!

ヒナミ